これほど多くある専門用語や略語は、 何を意味しているのか?

短時間で閲覧可能なレベニューマネジメント用語集を使用すれば、理解に役立ちます。

A

分析によるマーケットセグメンテーション

予測と最適化、および重要な構成的レポート作成とビジネスインテリジェンスの要件に、両方の最良の基準を支えるべく、予約データから最適なレベニューマネジメントセグメンテーションを作成するために使用されるルールに基づいたプロセス。

平均客室単価(ADR)

平均客室単価 = 実際の客室売上 / 販売された客室数の合計

客室の平均的な売上

平均客室単価(ADR)の別名。


B

ベストアベイラブルレート(BAR)

全宿泊の中で予約可能な制限のない一番低い価格。 この料金は1週間に数回変更され、1日に数回上昇する場合があります。

ブッキングペース

予約日から到着日までの期間にわたって予約が入る勢い。 ブッキングペースは、事前の特定の日に受けた予約の割合として示されます。

ビジネスミックス

稼動値または稼働率として測定される、ホテルの客室を占有する異なるマーケットセグメントを混合させること。

ビジネスタイプ

団体または個人からなるマーケットセグメントの種類。 システムの分析では、予約がいっせいに来ると予測されるのか、それとも一つずつ来ると予測されるのかを知るために、マーケットセグメントがどのビジネスタイプに属するかを理解する必要があります。


 C

チャネルマネジメント(CM)

チャネルマネジメントでは、ウェブサイト、外部業者、予約端末(GDS)をはじめとする、すべての販売チャネルで、客室在庫の割り振りと価格をコントロールする方法をホテルに提供します。

競合セット

宿泊客の獲得を競うホテルの近辺にある同等のホテル

制限された需要

ある日付で販売が見込める客室数。 ホテルの収容可能数や予約に関する制約条件などの制限を検討します。

コストオブウォーク(COW)

ホテルが約束した客室を提供できない場合に、入室を断る費用で、ホテル客室の費用、無料のギフト、将来に起こり得るビジネスの喪失が含まれます。


D~E

デーパーツ

異なるミーティングやイベントが1つのイベントスペースで開催できるよう、1日を複数のパーツに分けること(午前、ランチタイム、午後、夜など)。

到着までの日数

到着日よりも前の日数で、ブッキングペース、ホテルのパフォーマンス、予測のパフォーマンスなど、情報を測定するために使用されます。

需要

将来の日に対してシステムが予想する取引。

置換分析

取引の総価格と、取引を受け入れた場合に置換えられる個人の取引の価格との比較に基づいた取引(一次的グループ)の分析。


F

フェンス(制約条件)

宿泊客に一連のオプションを提供するためにホテルが使用する料金。 返金不可やキャンセル不可の予約、前払いの予約、週末の滞在など、宿泊客の受け入れに制約条件を設けることで、料金が決定されます。

予測 – 団体

システムで見込まれる団体の客室稼働率。

予測 – 個人

システムで見込まれる個人の客室稼働率。

予測モデル

需要、稼動、収益の予測に使用される統計的パターン。

フリーセル

宿泊のみの制約条件やイベントのみの制約条件は、団体の一般的な予約窓口内でスペースが団体に販売可能となるよう、ホテルで導入されるガイドラインです。

フルパターンの滞在日数(FPLOS)

到着日と滞在日数に対して、料金が公示されている(販売可能)かどうかを示すパターン。


G~H

予約端末(GDS)

旅行代理店が顧客向けに航空券、車両、ホテルなど旅行の手配を予約するために使用する、包括的な旅行の購入と予約のプラットフォーム。

団体需要

稼動日に見込まれる団体取引。

団体料金の評価

ホテルにとって一番高い利益をもたらす、最も好ましい到着日と価格を選択するために、潜在的な団体予約の詳細を入力し、分析を行い、得られたデータを使用することをユーザーに可能にするシステムツール。

団体Wash

団体からの最終稼動と、ブロックペースやピックアップペースの最大価格の差額。

団体による団体Wash

団体の稼働日、ブロックルーム、予測されるWashなど、団体取引データを提供するシステム機能であり、ユーザーがシステムが生み出す団体Washを上書きできる場所でもあります。


I~K

KPI

重要なパフォーマンスインジケーター。これには、 平均客室単価(ADR)、販売可能客室1室あたりの売上(RevPAR)、稼働率、販売可能な1空間・時間当たりの利益(ProPAST)、販売された1空間・時間当たりの利益(ProPOST)、イベントスペースの利用率などが含まれます。


L

ラストルームバリュー(LRV)

ホテルが販売可能なラストルームから創出が見込める客室収益の最高額。 システムは、繁忙期に低い価値の料金にするための制限条件の制御としてラストルームバリューを使用し、オフシーズンにすべての価格を公示します。

滞在日数(LOS)

宿泊客がホテルに滞在する滞在日数(LOS)。 この値は、出発日と到着日の間の相違でもあります。


 M

マーケットセグメント(MS)

動機の一般的な集合のほか、独特な購入の組み合わせ(例:前払い購入対予約なし)や使用パターン(例:1泊対毎週)を有する顧客の一区分。

マーケットセグメントグループ(MSG)

パターンと料金で一緒にグループ分けされたマーケットセグメント。

最長滞在日数(Max LOS)

特定の日付で到着する際に、1つの予約で滞在可能な宿泊数を制限する客室在庫管理機能。

MICE

S&C(ソーシャル・コンシューマー)で使用される略語/ミーティング、表彰式、コンファレンス、展示会用のイベントスペース。

最小許容料金(MAR)

団体に請求されうる許容可能な最安値で、提示団体料金を算出するために使用される。

最短滞在日数(Min LOS)

予約を完了するために特定の滞在日数に合わせた予約、または特定の滞在日数より長い予約を必要とする客室在庫管理機能。


N

新規ホテルサービスのサクセスパッケージ(NHSSP)

システムを構築するために必要な過去のデータが利用できない場合に、できる限り迅速に分析の適用を開始するために、IDeaSがレベニューマネジメントまたは予測管理システムを使用する新規ホテルへ提供するサービス。

ノーショー

予約をした顧客が明確にキャンセルを伝えることなく、彼らのために予約された客室の使用に現れないケース。


O

稼動率(Occ)

ホテル客室の「埋まり」具合。 稼動率 = 販売された客室の総数/予約可能な客室の総数×100(例:75%の稼働率)。

稼動率の予測

ホテルが指定の期間に達成することが予測される制約付き稼動率。 この値は、特定の客室数または販売可能な客室のパーセンテージとして、表示される場合があります。

最適化

ホテルに最適な価格を算出し、決定を管理するための予測情報、ホテル在庫情報、料金情報、構成情報、ユーザーとの対話処理の使用。 BAR設定、ラストルームの価格、予測、オーバーブッキングは、最適化プロセスの最終結果です。

オーバーブッキング

キャンセルやノーショーを見越して、ホテルに実際に存在する客室数よりも多く販売する方法。 オーバーブッキングの目標は、その日にできる限り100%に近い稼働率を達成することで、収益を最大化させることです。


 P

ProPAST

販売可能な1空間・時間(または食事時間)当たりの利益。

ProPOST

販売された1空間・時間(または食事時間)当たりの利益。


Q

条件付き料金

宿泊客が次の対象となっていることが必須の料金。 宿泊客の企業向けの法人料金、AARPなどの加入により利用可能な料金、特定の予約条件付きのプロモーションパッケージ料金など。


R

残りの需要

処理日の時点で、将来の到着日に対してシステムが算出した制約のない残りの需要。

評価の組み込み

特定の市場内で、ホテルのオンライン評価のパフォーマンスのために、オンライン評価管理提供者から得たフィードバックデータ。

レプテーションプライシング

ホテルのオンライン評価、宿泊客のレビュー、採点をそのレベニューマネジメント戦略にインテグレーションする価格設定技術。

収益生成指数

その市場でのホテルの売上高占有率を測定する指数。

レベニューマネジメントシステム

予約の可否、ルームタイプ、滞在パターン(将来と過去)などを管理することで、最大の収益または利益を達成するべく、ホテルが在庫の供給と価格のコントロールに使用するソフトウェアアプリケーション。 

収益最適化

現在と今後期待される市場の状況下のリスクを管理しながら、収益と利益を最大化させる、論理的根拠に基づき系統立った方法の中で、需要供給のバランスを取ることを重視したビジネスの規律と文化。

販売可能客室1室あたりの売上(RevPAR)

RevPAR = 客室売上 / 販売可能客室の総数。

ルームブロック

企画、販売またはその他の管理タスクを支援する目的で客室を体系化するために作り出される客室グループ。 この例には、単一の固定価格、1名の宿泊客、チャネル、ブロックの客室を管理・維持するスタッフメンバーの団体または単一のチームといった要素で関連付けされた客室が挙げられます。

ルームクラス

同様の価格を持つルームタイプをグループ化するために使用されるカテゴリー

ルームナイツ

ルームナイツ = 各客室が予約または販売される宿泊数を乗じたブロックまたは販売された客室。

ルームタイプ

ホテルの共通要素を共有している客室のコレクション。 ルームタイプには、ダブルベッド、プールサイド、オーシャンサイドなどの特長を備えた、スイートやシングルルームなどの種類があります。 1つの客室が複数のルームタイプに属していることもあります。


S

セミイールダブル価格

同じルームタイプや滞在日数がBAR用に閉じられる場合にのみ閉じることができる価格。例には、販売可能なラストルームのアカウントなどがあります。

ショルダーナイツ

ピークナイツをはさむいずれかの側の稼動が少なめの宿泊

特別なイベント

通常の方法ではホテルデータが予測不可能となる日付もしくは連続的な日付の組、または個人のビジネスパターンが通常とは異なる期間。

システムBAR

稼働日に対してIDeaSシステムが選択したBARの決定。

システムオーバーライド

システムが算出した需要値を置き換える、ユーザーが選択した値。


T

トータル収益パフォーマンス

取引全体の目的に適合させるために、全ホテル機能にわたる需要をインテリジェントに較正すること。 それは、資産に対して最大の全体価値に基づいて、常に複数の収益動向にわたってどの取引を受け入れるかを迅速かつ系統的に決定する能力です。

個人の取引

団体ではなく個人で予約をする宿泊客。

個人の需要

個人のマーケットセグメントグループからの取引の予測される売上高。


U~V

制約のない需要

ホテルの最大収容数または制約条件の制約を受けないもので、ホテルが販売可能な無制限の客室数を所有しているとしたら販売できた需要。 真の需要とも呼ばれます。

条件のない料金

合意済みの契約料金を持たない宿泊客、および付随する制約条件や予約条件を持たない宿泊客にホテルが提供する料金。

設備利用率(イベントスペース)

評価される1日の分割数に販売可能なエリアを乗じることで算出されます。


W

Wash(予約数の減少)

グループブロックと、それが実質的にどのくらい埋まるかのホテルの見込みとの相違。

ウェブBAR

ベストアベイラブルレートの算出において競争力のある価格データと見なす、改善されたBARの結果。

ウェブレートコンペティター

ホテルが定義した競合他者で、価格がインターネットベースの価格購入サービスで提供される相手、およびウェブBARに影響を与える価格を持つ相手。 

ウェブレートショッピング

競合他社の価格データをホテルに供給する、インターネットベースのサービス。


X~Z

イールドマネジメント

最大収容数の制約のあるリソースに最適な収益を実現するのに役立つ一連の戦略。 イールドマネジメントの中核となるコンセプトは、消費者行動を理解し、予測し、影響を与えることで、最適なサービスを最適な顧客に最適なタイミングで最適な価格で提供することです。