Lindner Hotels、分析的収益管理で会議・イベントの収益性を向上

ソリューションアイコン

会社

ホテルタイプ

エンタープライズ/チェーン/グループ

地域

EMEA

チャレンジアイコン

課題

主要な収益源の収益性を失う

ソリューションアイコン

解決

G3 RMS, スマートスペース
結果アイコン

結果

  • 会議スペースの収益を確実に最大化し、コントロールを強化
  • ポートフォリオ全体で統一された収益文化

ストーリー

IDeaSはLindner Hotelsの収益文化の基礎となっています。長年にわたり、LindnerはIDeaS G3 RMSを活用して客室の収益を管理・最適化してきました。将来を常に考えているこのホテルは、客室以外の収益管理を拡大する準備が整いました。

会議やイベントへの出費は、世界中で増加しています。そのため、ホテルやイベント管理者は、収益機会を逃さないために、団体ビジネスの現状を深く理解する必要があります。IDeaS SmartSpaceは、レベニューマネージャーとセールスマネージャーが協働するためのプラットフォームを構築します。この強力なクラウドベースのスタンドアロンツールは、会場スペースの需要に関する詳細なインサイトを提供します。また、他の営業ツールからシームレスにデータを取得し、イベントスペースを戦略的に管理できるため、双方のマネージャーはイベントや会議ビジネスにとって理想的な価格設定シナリオを採用することができます。Lindnerは、経営陣主導で3つのホテルにSmartSpaceを導入し、さらにIDeaS G3 RMSを導入している10軒のホテルが今年後半、それに追従する予定です。

イベント分野は最も強力なセグメントの1つ

Lindnerのコーポレートレベニューマネージャーのモニカ・サンド氏は、「IDeaS SmartSpaceは、イベントスペースに分析的な収益管理の考え方を導入します。 これにより、私たちは作業プロセスを最適化し、より目的意識を持って作業することができ、ホテルを評価し、売上目標への達成状況を監視するための重要な数値を定義することができます。 需要をよりよく把握できるようになった今、私たちは提供サービスを拡大し、お客様のニーズに理想的に適合させ、イベントエリアと客室をより効率的に販売し、売上を伸ばすことができます。」と、述べています。

長年の顧客であるLindnerは、10年以上にわたってIDeaSのレベニューマネジメントソリューションを信頼してきました。現在、27軒のホテルがIDeaS G3 RMSを活用しています。G3 RMSは、より正確なホテルグループの予測と、客室カテゴリー別の自動決定価格を提供し、毎日3回、すべての接続チャネルにシステムを自動配信しています。

サンド氏は、「私たちのホテルの多くで、イベントエリアはこれまでで最も好調なセグメントの一つです。昨年、私たちはこの非常に重要なエリアでの収益を増加させたいと考えていました。そこで、私たちはIDeaSを導入し、収益管理の文化を強化することにしました。これにより、ターゲットを絞ったビジネスと収益を生み出すうえで、長い間、RevPARの最適化に成功してきました。イベント、ホスピタリティ、ウェルネスを収益管理戦略に取り入れることで、全体的な状況を把握できるトータルレベニュー戦略を持つことができるようになりました。」と、述べています。

2017年、IDeaS Revenue Performance Insights(RPI)は、Lindnerのレベニューマネージャーと経営陣に、レベニューパフォーマンス全般の詳細情報の提供を開始しました。高度なSAS®ビジュアル分析により、クラウドベースのIDeaS RPIソリューションは、ホテルごとのパフォーマンスや市場比較を可視化できるため、戦略的な視点を大幅に改善させます。

Lindnerはホテル業界のデジタル化の挑戦に他社よりも早く対応

IDeaS G3 RMSとSmartSpaceの予測により、レベニューマネージャーとセールスマネージャーは、日常業務だけに捕らわれることなく、将来に焦点を当てることができるようになりました。自動化テクノロジーが細部を処理してくれるため、包括的な戦略を策定するために毎日より多くの時間を当てることができます。SmartSpaceを使用することで、Lindner Hotelsは会議やイベントの提供をより適正に管理し、収益性の高い販売を行うことができます。この総合的な収益管理戦略により、Lindnerはドイツのホテルグループの中でリーダー的存在となっています。これにより、Lindnerはホテル業界のデジタル化の挑戦に競合他社よりも早く取り組み、デジタル化を進めることができます。

×
×