ホテルRMSアルティメットバイヤーズガイド
商業的成功のための重要な考慮事項

ホテルレベニューマネジメント専門用語

専門用語が多いです。頭字語もたくさんあります。何を意味しているのでしょうか?ホテル業界とレベニューマネジメント用の包括的な用語集をご覧ください。

A

Analytical Market Segmentation | アナリティカルマーケットセグメンテーション

予測と最適化のための最良の根拠、および主要なレポーティングとビジネスインテリジェンス要件の両方を下支えするため、予約データから最適なレベニューマネジメント用のセグメンテーションを作成するために使用されるルールに基づいたプロセス。

Ancillary Revenue | 付帯収入

客室や会議室および宴会以外の収入源。例としては、駐車場、スパ、ゴルフ、エンターテインメントなどがあります付帯収入源は、団体または個人からなるマーケットセグメント用に設定できます。

Artificial Intelligence | 人工知能

人間のタスクを実行するための機械を学習させるための科学。

Attendee Density | 参加者の密集度

参加者の総数/会場の最適な収容可能人数。

Average Daily Rate (ADR) | 平均客室単価(ADR)

1日の客室収益/販売済客室の総数。

Average Rate Index (ARI) | 平均客室単価指数(ARI)

市場に対するホテルの平均客室単価を測定する指標。100を超える場合、ホテルの平均料金が競合他社よりも高いことを示しています。

B

Best Available Rate (BAR) | ベストアベイラブルレート(BAR)

すべての宿泊客が予約可能な制限のない最低価格。この料金は1週間に数回、そして1日に数回変更される場合があります。

Booking Curve | ブッキングカーブ

到着日の前から、その到着日に対して入る予約ペースの視覚化。

Booking Engine | 予約エンジン

ウェブサイトでの予約を可能にするシステム。

Booking Pace | ブッキングペース

予約日から到着日までの期間にわたって予約が入るペース。ブッキングペースは、事前の特定の日に受けた予約の割合として示されます。

Booking Window | ブッキングウィンドウ

個人または団体による予約日から実際の到着日までの期間。

Business Mix | ビジネスミックス

ホテルのビジネスを構成するマーケットセグメントの組み合わせ。稼動値または稼働率として測定される。

C

Central Reservation System (CRS) | セントラルリザベーションシステム(CRS)

ホテル情報、料金、在庫状況を管理するために使用される予約システム。1つまたは複数のホテルの予約を処理および管理します。

Channel Management (CM) | チャネルマネジメント(CM)

OTA、ホールセール、GDSを含むすべての販売チャネルでの在庫と料金を管理する方法を提供します。

Competitive Set | コンプセット

宿泊客の獲得を競う近隣にある同等のホテル。

Component Rooms | コンポーネントルーム

さまざまな構成に変換して、より広く、よりカスタマイズされた客室を形成する実際の客室の組み合わせ。

Constrained Demand | 制限された需要

ホテルの供給客室数や予約の制限を考慮して販売できる客室の数。

Cost of Walk (COW) | コストオブウォーク(COW)

ホテルが受注した客室を提供できない場合にチェックインを断る代償。ホテル客室料金、交通費、食事代、および将来のビジネスの予想損失の費用が含まれる場合があります。

Customer Relationship Management (CRM) | カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)

ビジネス関係を改善するために企業が使用する顧客管理および販売管理のためのシステム。

Cutoff Date | カットオフ日

ホテルが団体枠を閉鎖し、残室を在庫にまわす契約日。

D

Day Parts | デーパーツ

異なるミーティングやイベントが1つのイベントスペースで開催できるよう、1日を複数のパーツに分けること(午前、ランチタイム、午後、夜など)。

Days to Arrival | 到着までの日数

到着日までの残りの日数。ブッキングペース、ホテルの業績、予測業績などの情報を測定するために使用されます。

Demand | 需要

将来のビジネス予想。

Demand Forecast | 需要予測

予測分析を使用して、商品に対する消費者の需要量を予測します。

Displacement Analysis | 置換分析

引き合い団体の総合的な価値と、それを受注した場合に失われる個人予約からのビジネスとの比較に基づいた分析。

Dynamic Pricing | ダイナミックプライシング

市場の需要に基づいて商品の価格を変動させる方法。

F

Fenced Rates | フェンス(制約条件) 料金

宿泊客に一連のオプションを提供するために設定する料金。返金不可、キャンセル不可の予約、事前決済の予約など、宿泊客が受け入れる制約条件に基づいて決定される料金。

Forecasting Model | 予測モデル

需要、稼動、収益の予測に使用される統計的パターン。

Free Sell | フリーセル

宿泊を伴わない宴会やイベントのみの予約受注への制約条件は、団体の一般的な予約ウィンドウ内でスペースが団体に適切に販売できるよう設けられたガイドラインです。

Full Pattern Length of Stay (FPLOS) | フルパターンレングスオブステイ(FPLOS)

任意の到着日と滞在日数に対して、料金が公示されるか(販売可能か)を示すパターン。

Function Space Utilization | イベントスペースの設備利用率

評価される1日の分割数に販売可能なエリアを乗じることで算出されます。

G

Global Distribution System (GDS) | グローバルディストリビューションシステム(GDS)

旅行代理店が顧客向けに航空券、レンタカー、ホテルなど旅行手配を予約するために使用する、発券や予約の包括的なプラットフォーム。

Gross Operating Profit Per Available Room (GOPPAR) | 販売可能な客室ごとの営業総利益(GOPPAR)

総収入から運営費とマーケティング費を差し引いて、販売可能な客室総数で割って測定される重要な指標。

Group Demand | 団体需要

稼動日に見込まれる団体ビジネス。

Group Pricing Evaluation | 団体料金の評価

ユーザーが潜在的な団体予約の詳細を入力し、分析を行い、得られたデータを利用してホテルにとって最も高い利益をもたらす好ましい到着日と料金を選択することを可能にするツール。

Group Wash | 団体のウオッシュ

任意の団体の最終的な利用率と、ブロックペースやピックアップペースの最大値の差。

Group Wash by Group | 団体ごとの団体ウオッシュ

団体の稼働日、ブロックルーム、ウオッシュ予測など、団体データを提供する機能であり、システムが算出する団体ウオッシュをユーザーがオーバーライドできる場所でもあります。

K

Key Performance Indicator (KPI) | 重要業績評価指標(KPI)

目標達成の成功を評価するために使用される定量化可能な評価基準。例:平均客室単価(ADR)、販売可能客室1室あたりの売上(RevPAR)、利用できる客室ごとの営業総利益(GOPPAR)、稼働率、販売可能な1空間・時間当たりの利益(ProPAST)、販売された1空間・時間当たりの利益(ProPOST)、イベントスペースの設備利用率などが含まれます。

L

Last Room Value (LRV) | ラストルームバリュー(LRV)

ホテルが販売可能な最後の1室から見込める客室収益の最高額。 システムは、繁忙期に低い料金の制御としてLRVを使用し、オフシーズンにすべての料金を公示します。

Length of Stay (LOS) | 滞在日数(LOS)

宿泊客がホテルに滞在する滞在日数。 この値は、出発日と到着日の間の差でもあります。

M

Machine Learning | 機械学習

解析モデルの構築を自動化する一連の人工知能。これは、システムがデータから学習し、パターンを識別し、最小限の人間の介入で意思決定を行うことができるという考えに基づいています。

Market Intelligence | マーケットインテリジェンス

予約の傾向、競合他社の料金、顧客のレビューなど、企業の市場に関連する情報。

Market Segment (MS) | マーケットセグメント(MS)

一連の一般的な動機を有する顧客や特有の購入(例:前払い購入対予約なし)や使用パターン(例:1泊対週毎)の組み合わせの一区分。

Market Segment Group (MSG) | マーケットセグメントグループ(MSG)

パターンと料金でグループ分けされたマーケットセグメント。

Maximum Length of Stay (Max LOS) | 最長滞在日数(Max LOS)

特定の日付で到着する際に、1つの予約で滞在可能な宿泊数を制限する客室在庫管理機能。

Metasearch | メタサーチ

他のウェブサイトからの料金と在庫を集約して独自の結果を生成する検索ツール。例としては、カヤックやトリップアドバイザーがあります。

MICE | マイス(MICE)

ミーティング、報奨・研修旅行、国際会議、展示会。セールス&ケータリングおよびイベントスペースで使用される頭字語。

Minimum Acceptable Rate (MAR) | ミニマムアクセプタブルレート(MAR)

団体に請求できる最低許容額。団体推奨料金を計算するために使用されます。

Minimum Length of Stay (Min LOS) | 最短滞在日数(Min LOS)

予約を完了するために特定の滞在日数に合わせた予約、または特定の滞在日数より長い予約を必要とする客室在庫管理機能。

N

Net Rate | ネットレート

客室またはスペースの価格から手数料や取引費用を差し引いたもの、またはエージェントによるマークアップ前の価格。

New Hotel Service Success Package (NHSSP) | ニューホテルサービスサクセスパッケージ(NHSSP)

システムの構築に必要な過去のデータが利用できない場合に、IDeaS RMSを使用してIDeaSが新しいホテルに提供するサービス。分析の適用を可能な限り迅速に開始します。

No-Show | ノーショー

予約をした顧客が明確にキャンセルを伝えることなく、彼らのために予約された客室の使用に現れないケース。

O

Occupancy (Occ) | 稼動率(Occ)

ホテル客室の「埋まり」具合。稼動率 = 販売された客室の総数/予約可能な客室の総数 × 100(例:75%の稼働率)。

Occupancy Forecast | 稼動率予測

ホテルが指定の期間に達成することが予測される稼動率。この値は、特定の客室数または販売可能な客室の割合として、表示される場合があります。

Online Travel Agency (OTA) | オンライントラベルエージェンシー(OTA)

消費者がホテル、航空券、レンタカー、ツアーの予約に利用するサードパーティのインターネットサイト。この間接チャネルでは、手数料の請求や、販売料金のマークアップが行われます。例としては、エクスペディア、Booking.com、Ctripなどがあります。

Operational Forecast | 運営予測

ホテルの予想される稼働率に基づく予測。人員配置の管理と補給品を管理するために使用されます。

Optimization | 最適化

予測、在庫、料金、構成、およびユーザーインタラクションを活用し、質の良い収益を最大化する最適な価格設定と在庫管理の決定値を算出します。最適な価格設定、LRV、予測、およびオーバーブッキングは、最適化プロセスの最終的な成果です。

Overbooking | オーバーブッキング

キャンセルやノーショーを見越して、実際の客室数よりも多く販売する手法。オーバーブッキングの目的は、その日にできる限り100%に近い稼働率を達成することで、収益を最大化させることです。

P

Predictive Analytics | 予測分析

高度な分析を使用して、過去データや先を見越したデータを使用して、未知の将来の出来事について予測します。

Price Sensitivity | 価格感応度

予約者の支払い意思。 過去のペースデータは、価格設定の変更が需要にどの程度影響するかを予測するために使用されます。需要は弾力的または非弾力的です。

ProPAST

販売可能な1空間・時間(または食事時間)当たりの利益。

Property Management System (PMS) | プロパティマネジメントシステム(PMS)

宿泊客や宿泊施設のアクティビティを管理するホテル管理システム。

ProPOST

販売された1空間・時間(または食事時間)当たりの利益。

Q

Qualified Rate | 条件付き料金

宿泊客に資格があることが必須の料金。宿泊客の企業向けの法人料金、AARPなど組織への加入により利用可能な料金、特定の予約条件付きのプロモーションパッケージ料金など。

R

Rate Distribution System | レートディストリビューションシステム

ホテルの料金と在庫を直販および間接チャネルに配分するために使用されるシステム。

Rate Shopping System | レートショッピングシステム

競合他社の料金データをホテルに提供するオンラインサービス。

Remaining Demand | 残りの需要

現時点で、将来の到着日に対してシステムが算出した在庫の制約のない残りの需要。

Reputation Management System | 口コミ管理システム

ビジネスへ活用するために口コミレビューを管理するシステム。

Reputation Pricing | レプテーションプライシング

ホテルのオンライン評価、宿泊客のレビュー、採点をそのレベニューマネジメント戦略に折り込む価格設定手法。

Revenue Generated Index (RGI) | 販売可能室一室あたり収入の指数(RGI)

マーケットでのホテルの収益占有率を測定する指数。100を超える場合は、ホテルのRevPARが平均して競合他社よりも高いことを示します。自社が適正なシェアを占めているかを判断するために使用されます。

Revenue Management (RM) | レベニューマネジメント(RM)

収益を最大化するために在庫と価格を最適化する規範。簡単に言えば、適切な商品を適切な人に適切なタイミングで適切なチャネルで適切な価格で販売することです。

Revenue Management System (RMS) | レベニューマネジメントシステム(RMS)

予約の可否、ルームタイプ、滞在パターン(将来と過去)などを管理することで、最大の収益または利益を達成するべく、在庫の供給と価格のコントロールに使用するシステム。

Revenue Optimization | 収益最適化

現在ならびに予測されるマーケット状況下のリスクを管理しながら、収益と利益を最大化させるため、論理的根拠に基づき体系的な手法を用いて需供バランスに焦点をあてたビジネス規範や文化。

Revenue Per Attendee | 参加者あたりの収益

収益/参加者の総数。会場のスペースの利用状況を理解するのに役立ちます。

Revenue per Available Room (RevPAR) | 販売可能客室1室あたりの売上(RevPAR)

1日の客室売上/販売可能客室の総数。

Revenue per Occupied Space (RevPOS) | 販売されたスペースあたりの収益(RevPOS)

イベントの総収益/総占有平方フィート(またはメートル)。

Revenue Science | レベニューサイエンス

精密な計算に業界の専門知識を注ぎ込み、データを正確で自動化された実用的な収益向上の意思決定に変換する規範。

Room Block | ルームブロック

企画、販売またはその他の管理タスクを支援する目的で客室を体系化するために作り出される客室グループ。この例には、単一の固定価格、1名の宿泊客、単一の販売チャネル、ブロックの客室を管理や維持するスタッフメンバーの団体または単一のチームといった要素で関連付けされた客室が挙げられます。

Room Class | ルームクラス

同様の価値を持つルームタイプをグループ化するために使用されるカテゴリ。

Room Nights | ルームナイツ

ブロックや販売された客室数に予約または販売された泊数を掛け算したもの。

Room Type | ルームタイプ

ホテルの共通要素を共有している客室の種類。ルームタイプには、ダブルベッド、プールサイド、オーシャンサイドなどの特徴を備えた、スイートやシングルルームなどの種類があります。1つの客室が複数のルームタイプに属していることもあります。

S

Sales Conversion | 購買へのコンバージョン

すべての問い合わせや予約された売り上げからの潜在的な収益。

Semi-Yieldable Rates

ルームタイプと滞在日数の組み合わせが同じベストアベイラブルレートが利用できない場合にのみ、契約条件によりクローズすることができる条件付き料金プラン(多くの場合、ホールセールまたは法人契約料金)。ラストルームアベイラブルアカウントとも呼ばれる。

Semi-Yieldable Rates | セミイールダブルレート

同じルームタイプまたは滞在期間のBARをクローズする場合にのみ、クローズすることができる料金。例えば、ラストルームアベイラブル(LRA)のアカウント。

Shoulder Nights | ショルダーナイツ

ピークナイツ前後の低稼動の期間

Smith Travel Research (STR)

STRは、ホテル業界において、競合とのベンチマーク、情報サービス、および調査を提供するグローバルプロバイダーです。STRレポートは、コンプセットやマーケットと比較した場合の、自社のパフォーマンスデータを提供し、稼働率、ADR、およびRevPARのトラッキングを可能にします。

Special Event | スペシャルイベント

通常の方法ではホテルデータが予測不可能となる日や期間、または個人のビジネスパターンが通常とは異なる期間。

System Override | システムオーバーライド

システムが算出した需要値を置き換える、ユーザーが選択した値。

T

Total Revenue Performance | トータルレベニューパフォーマンス

全体的な事業目的を満たすために、すべての収益源の需要をインテリジェンスを活用して較正すること。それは、資産に対する全体の最大価値に基づいて、常に複数の収益動向にわたってどの取引を受け入れるかを迅速かつ系統的に決定する能力です。

Transient Business | 個人予約

団体ではなく個人で予約をする宿泊客。

Transient Demand | 個人予約の需要

個人のマーケットセグメントグループからの取引の予測される売上高。

TRevPAR

1日の総収益/販売可能客室の総数。

U

Unconstrained Demand | 制約のない需要

ホテルの供給客室数や予約の制限などがない場合に販売できる客室数を指します。制約のない需要は、受注可能な限られた需要だけでなく、考えられるすべての需要の全体像を提供します。「真の需要」とも呼ばれます。

Unqualified Rates | 条件のない料金

契約料金を持たない宿泊客、および付随する制約条件や予約条件を持たない宿泊客にホテルが提供する料金。

W

Wash | ウォッシュ

団体ブロックと、実際のピックアップ見込みとの差。

Y

Yield Management | イールドマネジメント

最大収容数の制約のあるリソースに最適な収益を実現するために役立つ一連の戦略。イールドマネジメントの中核となるコンセプトは、消費者行動を理解し、予測し、影響を与えることで、最適なサービスを最適な顧客に最適なタイミングで最適な価格で提供することです。
×
×